小川洋子の「言葉の標本」
著者名:小川洋子/福住一義
出版社:文藝春秋
タイトルの通り、小川洋子さんのステキ小説から その言葉を標本にしてしまおう!
というなんだかすごい本です。

本文はアドニスラフ。
なんだか不思議な本になりました。
20111003_2374344