革命前夜
著者:須賀しのぶ
出版社:文藝春秋
判型:四六並製
デザイン:加藤愛子

この本何度も読んだのですが、そのたびに引き込まれてしまいました。

冷戦下のドイツの話と、日本人留学生の成長が気になって

なんとも面白い小説なのです。

表紙は蛍光が入った特色のオレンジを使用。

地味になりすぎず、嫌みなく映えてくれたので嬉しい限りです。

0507_kakumei