勁草の人
著者:高杉良
出版社:文藝春秋
判型:四六上製
装画:ケッソクヒデキ
デザイン:加藤愛子

高杉良さんの骨太経済小説です!

まったく詳しくない私ですが、

戦後高度経済成長期に日本興業銀行がどんな役目をはたしてきたか!

そしてそれを主導した中山素平さんとはどんな人なのか!ドンドン!

とっても興味深いです。

カバーのイラストはケッソクヒデキさん。

カバーは丸の内、そして表紙には

中山素平さんその人を描いていただきました!

0730-keisou